リヤド最高交渉委員会幹部「ジュネーブ3会議再開日程は仮の日程」(2016年3月2日)

リヤド最高交渉委員会のメンバーでシリア革命反対勢力国民連立の幹部の一人ジョルジュ・サブラー前代表は、3月9日に再開予定のジュネーブ3会議に関して、ハダス・チャンネル(3月2日付)に対して、米・ロシアによる敵対行為停止合意が、国連安保理決議第2254号における人道的措置に関する「項目の実施に資さない限り、交渉再開の予定はあくまでも仮の予定に過ぎない」と述べた。

**

シリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表は声明を出し、米・ロシアによる敵対行為停止合意に関して「政治的解決の余地を与えるための暫定的な合意」と述べ、改めて期限付の合意であることを強調した。

AFP, March 2, 2016、AP, March 2, 2016、ARA News, March 2, 2016、Champress, March 2, 2016、Al Hadath, March 3, 2016、al-Hayat, March 3, 2016、Iraqi News, March 2, 2016、Kull-na Shuraka’, March 2, 2016、al-Mada Press, March 2, 2016、Naharnet, March 2, 2016、NNA, March 2, 2016、Reuters, March 2, 2016、SANA, March 2, 2016、UPI, March 2, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク