イラク人民動員隊による砲撃でハサカ県南東部のロジャヴァ支配下の村々から住民7,000人が避難(2017年6月15日)

ハサカ県では、ハサカ青年連合の複数の活動家ところによると、県南東部のシャッダーディー市東方のイラク国境地帯に点在するアトシャーン村、ルーサーン村、シュワイハーン村、アスマーン村、トゥワイミーン村が、イラク領内からの人民動員隊の砲撃に曝され、住民約7,000人が避難を余儀なくされた。

クッルナー・シュラカー(6月15日付)が伝えた。

ARA News, June 16, 2017

AFP, June 15, 2017、AP, June 15, 2017、ARA News, June 15, 2017、Champress, June 15, 2017、al-Hayat, June 16, 2017、Kull-na Shuraka’, June 15, 2017、al-Mada Press, June 15, 2017、Naharnet, June 15, 2017、NNA, June 15, 2017、Reuters, June 15, 2017、SANA, June 15, 2017、UPI, June 15, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク