ロシア日刊紙「シリア軍の対イラク国境への到達により、イラク経由でのイラクからの武器供与が円滑化」(2017年6月15日)

ロシア日刊紙『イズベスチア』(6月15日付)は、シリア軍がヒムス県タンフ国境通行所北東部のイラク国境地帯に到達したことで、「両国を結ぶ陸路が開通し、貨物車輌が往来を始めた」ことで、イラク経由でのイランからシリアへの武器供与が「円滑になった」と伝えた。

AFP, June 15, 2017、AP, June 15, 2017、ARA News, June 15, 2017、Champress, June 15, 2017、al-Hayat, June 16, 2017、Izvestia, June 15, 2017、Kull-na Shuraka’, June 15, 2017、al-Mada Press, June 15, 2017、Naharnet, June 15, 2017、NNA, June 15, 2017、Reuters, June 15, 2017、SANA, June 15, 2017、UPI, June 15, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き パーマリンク