シリア軍はラッカ県の交通の要衝ラサーファ交差点からヒムス県の交通の要衝スフナ市に向け南進(2017年7月13日)

ラッカ県では、シャームFM(7月13日付)によると、シリア軍はタブカ市南部の交通の要衝であるファサーファ交差点からヒムス県東部の交通の要衝スフナ市に向けて進軍、ラサーファ交差点南方のビール・アターウ村、ビール・ザナーティー村、ビール・ハウラーニー村の3カ村を制圧した。

Kull-na Shuraka’, July 13, 2017

**

ダイル・ザウル県では、SANA(7月13日付)によると、シリア軍がムッラート村、サルダ山一帯、第137連隊基地、ダイル・ザウル市ヒサーラート地区、フサイニーヤ町、ブガイリーヤ村、ヒシャーム村でダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆を実施した。

**

ハサカ県では、SANA(7月13日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がカーミシュリー市南部のサーリヒーヤト・ハルブ村・ラヒーヤト・スーダー村間に敷設していた地雷が爆発し、学生2人が死亡した。

AFP, July 13, 2017、AP, July 13, 2017、ARA News, July 13, 2017、Champress, July 13, 2017、Sham FM, July 13, 2017、al-Hayat, July 14, 2017、Kull-na Shuraka’, July 13, 2017、al-Mada Press, July 13, 2017、Naharnet, July 13, 2017、NNA, July 13, 2017、Reuters, July 13, 2017、SANA, July 13, 2017、UPI, July 13, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク