シリア軍、ヒズブッラーは対ヨルダン国境の国境監視所9カ所を新たに制圧(2017年10月1日)

ダマスカス郊外県では、ヒズブッラーの中央戦争広報局によると、シリア軍および同盟部隊が対ヨルダン国境に設置されている監視所9カ所を新たに制圧した。

シリア軍が制圧したのは、ウンム・ウズン丘からザルフ・ダムに至る地域に点在する第177国境監視所から第185国境監視所までの9カ所。

シリア軍は先月にも、第173国境監視所から第176国境監視所を制圧した。

同地では、米主導の有志連合の支援を受ける反体制武装集団(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室」が活動していた。

AFP, October 1, 2017、ANHA, October 1, 2017、AP, October 1, 2017、ARA News, October 1, 2017、Champress, October 1, 2017、al-Hayat, October 2, 2017、Kull-na Shuraka’, October 1, 2017、al-Mada Press, October 1, 2017、Naharnet, October 1, 2017、NNA, October 1, 2017、Reuters, October 1, 2017、SANA, October 1, 2017、UPI, October 1, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク