レバノンのサアド・ハリーリー首相は滞在先のサウジアラビアでイランを批判し辞意を表明(2017年11月4日)

レバノンのサアド・ハリーリー首相は滞在先のサウジアラビアからアラビーヤ・チャンネル(11月4日付)を通じて声明を出し、辞意を表明した。

ハリーリー首相は声明のなかで「イランがレバノン、シリア、イラク、バハレーン、イエメンといったアラブ諸国の内政に干渉している…。イランはアラブ世界を破壊しようとしている」と非難、「中東地域におけるイランの(介入の)手は断ち切られるだろう」と述べた。

一方、ヒズブッラーについては「レバノン人やシリア人に対してヒズブッラーが武器を使用することを拒否する…。ヒズブッラーの干渉が周辺アラブ諸国との問題をもたらしている…。ヒズブッラーは武力を駆使してレバノンの現状を押しつけた」と非難した。

そのうえで「我々は、ラフィーク・ハリーリー元首相暗殺直前と同じような忌まわしい空気のなかにある。私の命を狙った企みを感じた」と述べ、自らの暗殺が計画されていることを示唆した。

これに関して『ハヤート』(11月5日付)は、複数の消息筋の話として、西側の信頼できる高官からハリーリー首相に対して、暗殺計画があると直接伝えられたと報じた。

al-Hayat, November 5, 2017

AFP, November 4, 2017、Alarabia, november 4, 2017、ANHA, November 4, 2017、AP, November 4, 2017、ARA News, November 4, 2017、Champress, November 4, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 4, 2017、al-Hayat, November 5, 2017、al-Mada Press, November 4, 2017、Naharnet, November 4, 2017、NNA, November 4, 2017、Reuters, November 4, 2017、SANA, November 4, 2017、UPI, November 4, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク