反体制武装集団は首都ダマスカスを、シリア軍はダマスカス郊外県東グータ地方をそれぞれ砲撃(2017年11月18日)

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(11月18日付)によると、東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が、ムジュタヒド病院一帯、学校が隣接するドゥワイラア地区内の街区、ハラスター市郊外住宅地、サイイダ・ザイナブ町に着弾し、1人が死亡、28人が負傷した。

SANA, November 18, 2017

一方、シリア軍は、シャーム解放機構などからなる武装集団と交戦し、クナイトラ県に近いヒーナ平原一帯、カフル・フール村、バイト・ティーマー村を制圧した。

これに対して、ドゥラル・シャーミーヤ(11月19日付)は、シリア軍が東グータ地方各所(ハラスター市、マディーラー市など)を砲撃・空爆し、7人が死亡したと伝えた。

**

ハマー県では、SANA(11月18日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに、県北東部でシャーム解放機構などからなる武装集団と交戦し、カスル・アリー村、ウルファ村を制圧した。

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍は県北部のラターミナ町を砲撃する一方、県北東部のシャティーブ村、ムライジブ村、ウンム・ハズィーム丘、バリール村一帯でアル=カーイダ系のシャーム解放機構、ナスル軍(いわゆる自由シリア軍)などからなる武装集団と交戦した。

AFP, November 18, 2017、ANHA, November 18, 2017、AP, November 18, 2017、ARA News, November 18, 2017、Champress, November 18, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 18, 2017、al-Hayat, November 19, 2017、al-Mada Press, November 18, 2017、Naharnet, November 18, 2017、NNA, November 18, 2017、Reuters, November 18, 2017、SANA, November 18, 2017、UPI, November 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク