YPGは、ロシア軍使節団が見守るなか、ダイル・ザウル県ユーフラテス川東岸(左岸)をダーイシュから完全解放したと発表、ロシア軍の支援に謝意(2017年12月3日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊(YPG)の総司令部は声明を出し、アラブ人部族と連携し、ロシア軍および米主導の有志連合からの支援を受けて、ダイル・ザウル県東部からダーイシュ(イスラーム国)を掃討し、同地全土を解放したと発表し、ロシアに謝意を表明した。

総司令部はまた、ダーイシュとの戦いを貫徹するため、アラブ人部族、ロシア軍、有志連合との合同作戦司令室を設置する準備があるとの意思を示した。

声明は、ダイル・ザウル市郊外のユーフラテス川東岸(左岸)に位置するシリア民主軍支配下のサーリヒーヤ村(サーリヒーヤ地区)でヌーリー・マフムードYPG報道官が読み上げ、ライラウィー・アブドゥッラー「ユーフラテスの嵐」作戦司令室報道官、ガッサーン・ユースフ・ダイル・ザウル文民評議会共同議長が同席、またアレクセイ・キム(Aleksey Kim、アレクサンデル・キム)氏を団長とするロシア軍使節団も立ち会った。

ANHA, December 3, 2017

ANHA, December 3, 2017

ANHA, December 3, 2017

AFP, December 3, 2017、ANHA, December 3, 2017、AP, December 3, 2017、ARA News, December 3, 2017、Champress, December 3, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 3, 2017、al-Hayat, December 4, 2017、al-Mada Press, December 3, 2017、Naharnet, December 3, 2017、NNA, December 3, 2017、Reuters, December 3, 2017、SANA, December 3, 2017、UPI, December 3, 2017などをもとに作成。

 

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク