2日のイスラエル軍によるダマスカス郊外県の軍拠点に対するミサイル攻撃で、イラン・イスラーム革命防衛隊員12人が死亡(2017年12月3日)

レバノンのムスタクバル・チャンネル(12月3日付)やアラビーヤ・チャンネル(12月3日付)は、イランの複数の消息筋の話として、2日のイスラエル軍によるダマスカス郊外県の軍拠点に対するミサイル攻撃に関して、イラン軍の関係者12人が死亡したと伝えた。

死亡したのは、「聖地防衛者」として知られるイラン・イスラーム革命防衛隊のメンバーだという。

**

イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は、「イスラエルはイランがシリア領内に基地を建設するのを阻止し、自国の安全保障上のニーズに沿って、安全保障を維持するために行動する」と述べた。

ヘブライ語のサイト「ワッラ」(12月3日付)が伝えた。

AFP, December 3, 2017、ANHA, December 3, 2017、AP, December 3, 2017、ARA News, December 3, 2017、Champress, December 3, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 3, 2017、al-Hayat, December 4, 2017、al-Mada Press, December 3, 2017、Naharnet, December 3, 2017、NNA, December 3, 2017、Reuters, December 3, 2017、SANA, December 3, 2017、UPI, December 3, 2017、Walla, December 3, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク