シリア軍はシャーム解放委員会支配下のダマスカス郊外県南西部を見下ろすことができる戦略的要衝を制圧(2017年12月5日)

ダマスカス郊外県では、SANA(12月5日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに県南西部でシャーム解放委員会などからなる武装集団と交戦し、バドライヤー丘に連なるシハーブ丘(通称ウスター丘)を制圧した。

シハーブ丘は、マガル・ミール平野一帯を見下ろすができる戦略的要衝。

『ハヤート』(12月6日付)によると、同地はシャーム解放委員会などからなる武装集団の支配下にある。

**

アレッポ県では、シャーム解放委員会に近いイバー通信(12月5日付)によると、シャーム解放委員会などからなる武装集団が、シリア軍によって制圧されていたハウィーヤ村、ヒジャーラ村、ラシャーディーヤ村を奪還した。

AFP, December 5, 2017、ANHA, December 5, 2017、AP, December 5, 2017、ARA News, December 5, 2017、Champress, December 5, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 5, 2017、al-Hayat, December 6, 2017、al-Mada Press, December 5, 2017、Naharnet, December 5, 2017、NNA, December 5, 2017、Reuters, December 5, 2017、SANA, December 5, 2017、UPI, December 5, 2017、Wikalat al-Iba’ al-Ikhbariya, December 5, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク