レバノンのハリーリー首相は辞意を正式に撤回(2017年12月5日)

レバノンのサアド・ハリーリー首相は、サウジアラビア訪問中の11月4日に突如表明した辞意を撤回すると正式に表明した。

撤回発表は、緊急閣議(ミシェル・アウン大統領が議長)での決定を受けたもの。

ハリーリー首相は、記者団を前にして読み上げた声明のなかで、「内閣は首相が辞意を撤回したことに謝意を示している」と述べた。

Naharnet, December 5, 2017

AFP, December 5, 2017、ANHA, December 5, 2017、AP, December 5, 2017、ARA News, December 5, 2017、Champress, December 5, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 5, 2017、al-Hayat, December 6, 2017、al-Mada Press, December 5, 2017、Naharnet, December 5, 2017、NNA, December 5, 2017、Reuters, December 5, 2017、SANA, December 5, 2017、UPI, December 5, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク