イドリブ県南東部とハマー県北東部で活動する武装集団11組織が「侵略者撃退」作戦司令室を新たに発足(2018年2月3日)

イドリブ県南東部とハマー県北東部でシリア軍との戦闘を続ける反体制武装集団11組織が共同声明を出し、「侵略者撃退」作戦司令室を発足したと発表した。

「侵略者撃退」作戦司令室に参加したのは、シャーム自由人イスラーム運動、シャーム軍団、アフラール軍、自由イドリブ軍、イッザ軍、ナスル軍、ヌールッディーン・ザンキー運動、精鋭軍、第2軍、アルバイーン旅団、第1歩兵師団。

これらの武装集団が同地で共闘するシャーム解放委員会、トルキスタン・イスラーム党は参加していない。

al-Durar al-Shamiya, February 3, 2018

AFP, February 3, 2018、ANHA, February 3, 2018、AP, February 3, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 3, 2018、al-Hayat, February 4, 2018、Reuters, February 3, 2018、SANA, February 3, 2018、UPI, February 3, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク