ロイター:北朝鮮はシリアと弾道ミサイル、化学兵器開発で協力(2018年2月3日)

ロイター(2月3日付)は、北朝鮮が国連安保理が科している制裁に違反し、禁輸対象となっている産品をシリアやミャンマーに輸出し、2017年に2億米ドル近くの収益を得ていたと伝えた(https://www.reuters.com/article/us-northkorea-missiles-un-exclusive/exclusive-north-korea-earned-200-million-from-banned-exports-sends-arms-to-syria-myanmar-u-n-report-idUSKBN1FM2NB?il=0)。

安保理北朝鮮制裁委員会が新たに作成した報告書によると、北朝鮮はロシア、中国、韓国、マレーシア、ヴェトナムに不正に輸出していたという。

また、北朝鮮は、シリアおよびミャンマーと弾道ミサイルや化学兵器の開発で協力を行っていることを示すさらなる証拠をつきとめたという。

AFP, February 3, 2018、ANHA, February 3, 2018、AP, February 3, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 3, 2018、al-Hayat, February 4, 2018、Reuters, February 3, 2018、SANA, February 3, 2018、UPI, February 3, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク