アル=カーイダ系のシャーム解放機構司令官がダルアー県でのダーイシュ系組織と反体制武装集団の戦闘の戦況を発表(2018年2月9日)

アル=カーイダ系組織のシャーム解放機構のアブー・アッバース・アスカリー司令官は、同委員会に近いイバー通信(2月9日付)に対して、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍掃討に向けて、ハウラーン自由人連合などが2月1日にダルアー県南西部で開始した「征服者たちの戦い」作戦での戦況について明らかにした。

それによると、9日にハーリド・ブン・ワリード軍がハイト村に侵攻、同地を一時制圧したが、反体制武装集団がこれを撃退したという。

AFP, February 9, 2018、ANHA, February 9, 2018、AP, February 9, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 9, 2018、al-Hayat, February 10, 2018、Reuters, February 9, 2018、SANA, February 9, 2018、UPI, February 9, 2018、Wikalat al-Iba’ al-Ikhbariya, February 9, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク