アル=カーイダの系譜を汲むシャーム自由人イスラーム運動と元「穏健な反体制派」のヌールッディーン・ザンキー運動がシリア解放戦線の名で完全統合(2018年2月18日)

シャーム自由人イスラーム運動とヌールッディーン・ザンキー運動は共同声明を出し、「シリア解放戦線」として完全統合すると発表した。

声明によると、完全統合は「革命を続ける我が人民の要請とシリア・イスラーム評議会のイニシアチブに応えた」もので、「アサド政権に対抗する…人民と革命の盾」になるのが目的だという。

シャーム解放機構はアル=カーイダの系譜を汲むが、2015年頃から自由シリア軍であることを強調するようになった。

これに対して、ヌールッディーン・ザンキー運動は、バラク・オバマ前米政権の支援を受ける「穏健な反体制派」だったが、2017年1月にアル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線とともにシャーム解放機構を結成、その後同委員会を離反していた。

al-Durar al-Shamiya, February 18, 2018

AFP, February 18, 2018、ANHA, February 18, 2018、AP, February 18, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 18, 2018、al-Hayat, February 19, 2018、Reuters, February 18, 2018、SANA, February 18, 2018、UPI, February 18, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク