シリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会の共同議長はハサカ県の国境通行所や石油関連施設をめぐるシリア政府との合意の存在を否定(2018年7月10日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会のイルハーム・アフマド共同議長は、ハサカ県の国境通行所や石油関連施設のシリア政府への移譲についてロジャヴァと合意したとする親政権日刊紙『ワサト』紙の報道に関して、「報道はまったく正しくない。このような合意は存在しない」と否定した。

ドゥラル・シャーミーヤ(7月10日付)が伝えた。

AFP, July 10, 2018、ANHA, July 10, 2018、AP, July 10, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 10, 2018、al-Hayat, July 11, 2018、Reuters, July 10, 2018、SANA, July 10, 2018、UPI, July 10, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク