シリア国内の暴力(2014年5月16日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ビンニシュ市のカビール・モスク近くで爆弾が仕掛けられた車が爆発し、複数人が死傷する一方、軍はマアッラト・ヌウマーン市およびカフルタハーリーム町を空爆した。

一方、SANA(5月16日付)によると、カフルナジュド村、ビンニシュ市、ナリラヤー村、マアッラ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市マサーキン・ハナーヌー地区、バニー・ザイド地区などを軍が「樽爆弾」などで空爆する一方、ライラムーン地区では、軍、国防隊、クドス旅団(パレスチナ人)、ヒズブッラー戦闘員などが、シャームの民のヌスラ戦線、ムハージリーン・ワ・アンサール軍などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(5月16日付)によると、アレッポ市ラームーサ地区、バニー・ザイド地区、シャイフ・サイード地区、ダーラ・イッザ市、アターリブ市、フライターン市、アアザーズ市、マーリア市、タッル・リフアト市、カフルダーイル村、ダイル・ハーフィル市、ハーン・アサル村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またアレッポ市アシュラフィーヤ地区に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、市民13人が死亡、17人が負傷した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区を軍が空爆した。

一方、SANA(5月16日付)によると、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ダーライヤー市のサイイダ・サキーナ・モスク一帯で軍とジハード主義武装集団が交戦、また軍はムライハ市およびその周辺を「樽爆弾」、地対地ミサイルなどで空爆・砲撃した。

一方、SANA(5月16日付)によると、ハーン・シャイフ・キャンプ、ダーライヤー市、アドラー市ウンマーリーヤ地区、ダイル・アサーフィール市、ザバディーン市、ムライハ市東部、アイン・タルマー渓谷で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

またハラスター市郊外のバイルーニー病院に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、市民1人が負傷した。

他方、ARA News(5月17日付)によると、ダイル・ハーフィル市で、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)がクルド人青年2人を処刑した。

女性を強姦し、強盗を働いた、のが処刑の理由だという。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ジャースィム市各所、アトマーン村・ヤードゥーダー町間の街道、ナワー市を軍が「樽爆弾」や地対地ミサイルなどで空爆・砲撃した。

一方、SANA(5月16日付)によると、軍がナワー市周辺およびアトマーン村に対して、大規模な軍事攻撃を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またダルアー市アルバイーン公園周辺、アトマーン村周辺などで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(5月16日付)によると、ラッフーム村南部、タッルドゥー市、ハーリディーヤ村、ダール・カビーラ村、タルビーサ市、ラスタン市で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, May 16, 2014、AP, May 16, 2014、ARA News, May 16, 2014、May 17, 2014、Champress, May 16, 2014、al-Hayat, May 17, 2014、Kull-na Shuraka’, May 16, 2014、al-Mada Press, May 16, 2014、Naharnet, May 16, 2014、NNA, May 16, 2014、Reuters, May 16, 2014、SANA, May 16, 2014、UPI, May 16, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.