日別アーカイブ: 2015年5月11日

レバノン軍が不法入国を試みたシリア人29人を逮捕(2015年5月11日)

レバノン軍は声明を出し、ベカーア県バアルベック郡スワイリー村郊外の国境地帯で、シリア領内から不法入国しようとしたシリア人29人を逮捕したと発表した。 ** また、NNA(5月11日付)によると、北部県アッカール郡ワーディ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がアレッポ県、ラッカ県のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆(2015年5月11日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月11日付)によると、シリア軍はダーイシュが占拠するバーブ市を空爆し、住民6人が死亡した。 一方、ARA News(5月12日付)によると、シャーム戦線が、県北部のグーズ村、ハサ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国民連合は「ジュネーブ3」に向けたデミストゥラ氏代表との個別協議をボイコット(2015年5月11日)

『シャルク・アウサト』(5月11日付)によると、シリア革命反体制勢力国民連立は9、10日にトルコのイスタンブールで総合委員会会合を開き、シリア政府と反体制派の和平交渉に向けたスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連ア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県ジスル・シュグール市一帯でシリア軍とアル=カーイダ系組織の攻防続く(2015年5月11日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジスル・シュグール市内およびその周辺(キリスト教徒が多く住むカニーヤ村一帯)を21回にわたり空爆する一方、シリア軍兵士、国防隊隊員ら250人が籠城を続けるジスル・シュグ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

マムルーク国民安全保障会議議長解任・軟禁の噂(2015年5月11日)

『デイリー・テレブラフ』(5月11日付)は、複数の大統領府筋の話として、アリー・マムルーク国民安全保障会議議長が「アサド大統領に対するクーデタを起こす懸念が高まった」ために解任され、自宅軟禁状態に置かれた可能性があると伝 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする