日別アーカイブ: 2015年5月6日

米国防長官「安全保障地域を設置するために戦闘が必要となるため、設置は困難」(2015年5月6日)

アシュトン・カーター米国防長官は上院歳出小委員会で、トルコ政府やシリア革命反体制勢力国民連立が設置を求める安全保障地域(飛行禁止空域)に関して、「こうした地域を設置するために、我々は戦闘を行わねばならないだろう。この戦闘 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア革命家戦線のジャマール・マアルーフ司令官がダーイシュ(イスラーム国)と戦うため、トルコから入国(2015年5月6日)

クッルナー・シュラカー(5月7日付)は、複数のクルド報道筋の話として、アル=カーイダ系組織(シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動)などとの戦闘に敗れ、2014年11月にトルコに敗走していたシリア革命家戦 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス県タルビーサ市一帯の武装集団が「タウヒード軍」として糾合(2015年5月6日)

クッルナー・シュラカー(5月6日付)などによると、ヒムス県で活動する反体制武装集団がビデオ声明を出し、タウヒード軍を結成すると発表し、タルビーサ市一帯でシリア軍への攻勢を激化させた。 タウヒード軍として糾合した武装集団は … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アサド大統領「大敗を喫したときも、我々は軍の志気を高めねばならない。軍が我々の志気を高めることを待っていてはならない」(2015年5月6日)

アサド大統領は戦没者記念日(5月6日)に合わせて、ダマスカス県内の「殉教者子息学校委員会(ビータール交差点近く)を慰問し、イドリブ県やダルアー県での「大敗」について認めた(https://youtu.be/cqN7cWN … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米国連大使「アサドが権力の座にとどまる限り、ダーイシュ(イスラーム国)の問題の解決は困難」(2015年5月6日)

サマンサ・パワー米国連大使はBBC(5月6日付)に対し、「シリアなど中東地域におけるISIS(ダーイシュ(イスラーム国)の問題は、シリア政府をめぐる問題が解決策を見出さず、バッシャール・アサドが権力の座にとどまる限り、解 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア政府と西クルディスタン移行期民政局が共同管理するハサカ市をダーイシュ(イスラーム国)が急襲(2015年5月6日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市ナースィラ地区のバイタラ広場にある西クルディスタン移行期民政局アサーイシュ本部前で、ダーイシュ(イスラーム国)が爆弾を積んだ車を自爆、アサーイシュ隊員16人が死亡、多数が負 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム軍がダマスカス郊外県マイダアー町周辺の検問所2ヶ所を奪還(2015年5月6日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団などによると、イスラーム軍などからなるジハード主義武装集団がシリア軍との戦闘の末、マイダアー町郊外のマイダアー町周辺に位置する鉛白工場、タッル・アスファルの検問所2ヶ所を奪還した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

フランス政府はEUの武器禁輸措置に反してシリアの反体制武装集団に武器供与(2015年5月6日)

AFP(5月7日付)は、13日に出版される『フランス外交の内幕』のなかで、フランス政府が、EUの対シリア武器禁輸措置(2011年6月~2013年5月)に反するかたちで、2012年にシリアの反体制武装集団に武器を供与した事 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア人権ネットワーク:有志連合のシリア空爆で民間人169人が死亡(2015年5月6日)

シリア人権ネットワークは、2014年9月以降の米国など有志連合によるシリア領内のダーイシュ(イスラーム国)を狙った空爆で、民間人169人(うち子供42人、女性30人)が殺害されていると発表した。 AFP, May 6, … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

国内の反体制活動家(サルマーン元情報大臣)が国内外の反体制派と「穏健な反体制武装集団」による国民大会開催を提案(2015年5月6日)

国内で反体制活動を行うムハンマド・サルマーン元情報大臣(国民民主潮流代表)は、国内外の反体制派と「穏健な反体制武装集団」による国民大会開催などを骨子とする紛争和解案を提案した。 サルマーン元情報大臣が率いる国民民主潮流は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする