日別アーカイブ: 2015年5月14日

オバマ米大統領「アサド政権が化学兵器を再び使用することに「レッドライン」は設けない」(2015年5月14日)

バラク・オバマ米大統領は、ワシンドンDC近郊のキャンプ・デーヴィッドでのGCC諸国との首脳会談後に行われた記者団との質疑応答の場で、シリア情勢について言及し、シリア政府が化学兵器を使用した場合、国際社会とともにその調査を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

国籍・所属不明のヘリコプター2機がトルコ領空方面から飛来し、ハサカ県を経てイラク領空方面に(2015年5月14日)

ハサカ県では、ARA News(5月14日付)が複数の地元消息筋の話として、国籍・所属不明のヘリコプター2機がマアバダ町上空を低空飛行しているのが目撃されたと伝え、その写真を掲載した。 このヘリコプター2機は対トルコ国境 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

ムアッリム外相がダマスカス訪問中のボルージェルディー・イラン国会国家安全保障外交委員長と会談(2015年5月14日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣は、ダマスカスを訪問中のイラン国会のアラーッディーン・ボルージェルディー国家安全保障外交委員長と会談し、シリアおよび中東情勢について意見を交わした。 ボルージェルディー国家安全保障外 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

新たなパレスチナ民兵組織「ジャリール軍団」がシリア政府側に立って武力紛争に参加(2015年5月14日)

クッルナー・シュラカー(5月14日付)は、シリアで居住するパレスチナ人が新たな民兵組織「ジャリール(ガリラヤ)軍団」を発足し、シリア軍を支援するかたちで反体制武装集団との戦闘に参加したと伝え、戦闘員の写真を公開した。 ジ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ・ファトフ軍作戦司令室が参加組織を発表(2015年5月14日)

アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなり、アレッポ市の制圧をめざすアレッポ・ファトフ作戦司令室は声明を出し、参加組織を改めて発表した。 声明によるとアレッポ・ファトフ作戦司 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア国民連合のジャルバー前代表は「ジュネーブ3」開催の必要なしと主張、ロシア外務副大臣は「ジュネーブ3」開催を準備するための「モスクワ3」の主催に前向き(2015年5月14日)

シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー前代表は、エジプトでアラブ連盟のナビール・アラビー事務総長と会談し、シリア国内で軍事バランスなどについて意見を交わした。 ジャルバー前代表は会談後、記者団に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

英国警察副総監:700人以上の英国人がシリアに潜入(2015年5月14日)

英国警察でテロ対策を統括するマーク・ローリー副総監は、シリアに不法入国し、イスラーム国(ダーイシュ)やシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団の戦闘に参加した英国人の数が700人以上に上っていると発表した。 ロー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ヒズブッラー戦闘員がダマスカス郊外県カラムーン地方、イドリブ県でアル=カーイダ系組織(ヌスラ戦線)と交戦(2015年5月14日)

ダマスカス郊外県では、マナール・チャンネル(5月14日付)などによると、ヒズブッラー戦闘員が、カラムーン地方の国境地帯に位置するダフル・ハワー高原で、シャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦、同地を完全に制 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)がパルミラ遺跡を擁するヒムス県タドムル市に迫撃、シリア軍、YPG、有志連合が各地でダーイシュと交戦(2015年5月14日)

ヒムス県では、AFP(5月14日付)がシリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表の話として、スフナ市一帯に進軍したダーイシュ(イスラーム国)が、パルミラ遺跡を擁するタドムル市東部2キロの地点にまで進軍し、同地の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする