日別アーカイブ: 2015年5月17日

トルコとヨルダンでのシリアの「穏健な反体制派」への軍事教練に英軍が85人を派遣(2015年5月17日)

『サンデー・テレグラフ』(5月17日付)は、英国防省の話として、英国がトルコとヨルダンにあるシリアの「穏健な反体制派」を教練するための軍事キャンプに兵士85人を派遣する見込みだと伝えた。 AFP, May 18, 201 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

カーミシュリー市(ハサカ県)でシリア軍と民主連合党民兵が口論の末衝突(2015年5月17日)

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(5月18日付)によると、カーミシュリー市内で、シリア軍兵士と民主連合党の民兵(人民防衛部隊の隊員を思われる)が口論の末、数時間にわたり衝突した。 地元の活動家によると、カーミシュリー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

UNESCO世界文化遺産のパルミラ遺跡を擁するタドムル市を防衛するシリア軍(いわゆる「アサド軍」)がダーイシュ(イスラーム国)の進軍を止める(2015年5月17日)

ヒムス県では、『ハヤート』(5月18日付)などによると、シリア軍がUNESCO世界文化遺産のパルミラ遺跡を擁するタドムル市(人口約3万5,000人)北部一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、その進軍を食い止めるとともに … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アル=カーイダ系組織が占拠するイドリブ市をシリア軍が激しく空爆、子供6人、女性5人を含む約50人が死亡(2015年5月17日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がイフスィム村、カフル・ウワイド村、カンスフラ村、スフーフン区、アイン・ルーラーズ村、バサーミス村、バルシューン村、マルイヤーン村、アブー・ズフール航空基地一帯、カスタン … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

「自由シリア軍」が大規模軍事作戦を準備するなか、ヌスラ戦線もダルアー県で戦闘員の教練コースを修了(2015年5月17日)

シャームの民のヌスラ戦線広報局は、シリア南部の訓練キャンプの一つ(「カーイド・ムフタール」基地)で、戦闘員訓練コースが修了したと発表、修了生と思われる戦闘員数十人の写真を公開した。 なお、写真公開に先立って、自由シリア軍 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする