日別アーカイブ: 2015年5月5日

シリア・レバノン国境(カラムーン地方、アルサール地方)でヒズブッラー、シリア軍とヌスラ戦線らの戦闘激化(2015年5月5日)

マナール・チャンネル(5月5日付)によると、ベカーア県バアルベック郡対シリア国境地帯(トゥファイル村・バリータール村間)で、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線の拠点を攻撃し、ヌスラ戦線戦闘員12人以上を殺害した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ナスルッラー書記長「イランとロシアがシリアを見捨てたという主張は根拠がない」(2015年5月5日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長はマナール・チャンネルを通じてテレビ演説を行った。 演説でのナスルッラー書記長の主な発言は以下の通り: 「イドリブ県のジスル・シュグール市が武装集団の手に陥落して以降、神経戦の一環 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表がジュネーブで紛争当事者との個別協議を開始(2015年5月5日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表はスイスのジュネーブで、シリア政府と反体制派の和平交渉(「ジュネーブ3」)再開に向け、シリア政府、反体制派などのすべての紛争当事者との個別協議を開始し、初 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

人権団体がシリア軍による「樽爆弾」空爆、「虐殺」の実態を喧伝(2015年5月5日)

シリア人権監視団は、2015年1月から4月までの4ヶ月間で、シリア軍が各地に1万1,017回にわたって空爆を行い、民間人1,606人が死亡したと発表した。 1万1,017回の空爆のうち、「樽爆弾」による攻撃は5,934回 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュ、ヌスラ戦線が占拠するヤルムーク・パレスチナ難民キャンプへのシリア軍の空爆停止を求める米国提出の国連安保理決議案がロシアの反対で廃案に(2015年5月5日)

国連安保理は、ダーイシュ(イスラーム国)とアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線が占拠するヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ(ダマスカス県)の状況に対応するための緊急会合を開催した。 会合では、米国がキャンプ内の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織と自由シリア軍南部戦線がクナイトラ県におけるダーイシュ系のジハード軍最後の拠点を制圧(2015年5月5日)

クナイトラ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月5日付)によると、「革命家」(シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、自由シリア軍南部戦線など)が、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うジハード軍との戦闘の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス県北部でアル=カーイダ系組織などからなる「ヌスラト・ムスタドアフィーン」作戦司令室がシリア軍検問所を制圧(2015年5月5日)

ヒムス県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月5日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動が県北部のディーク検問所、ザカブー検問所、畜産農場地区検問所、バイト・キルミード検問所を制圧した。 またジャッブリーン村、ウンム・シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする