日別アーカイブ: 2019年10月2日

ムアッリム外務在外居住者大臣「トルコがシリアの隣国でありたいのなら、安全地帯設置ではなくアダナ合意を実施する必要がある」(2019年10月2日)

  ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣は、レバノンのマヤーディーン・チャンネル(10月3日付)とのインタビューに応じ、そのなかでトルコに対して「安全地帯」の設置を試みてシリア領内に侵入するのではなく、アダナ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ラッカ市西に自然発生的に形成されていたキャンプのIDPsが新設されたマフムードリー・キャンプに移送、UNHCRによる診察所、学校設置も進む(2019年10月2日)

北・東シリア自治局の支配下にあるラッカ県では、ラッカ市西に2018年7月に新設されたマフムードリー村に国内避難民(IDPs)を収容するための新たなキャンプ(マフムードリー・キャンプ)に、ラッカ市西のラシード村に自然発生的 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 難民・IDP | コメントする

レバノン国境に近いクサイル市(ヒムス県)に住民数百世帯1,800人が帰還(2019年10月2日)

ヒムス県では、SANA(10月2日付)によると、レバノン国境に近いクサイル市に住民数百世帯1,800人が帰還した。 帰還はクサイル市の復興を受けたもので、避難生活を送ってきた住民はシリア政府が用意した大型旅客バスなどに分 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 難民・IDP | コメントする

トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年10月2日)

アレッポ県では、ANHA(10月2日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のシャワーリガ村、シャワーリガ砦を砲撃した。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治区各所で制憲委員会(憲法委員会)に反対する組織デモが行われる(2019年10月2日)

アレッポ県では、ANHA(10月2日付)、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局の支配下にあるアイン・アラブ(コバネ)市南東のハッラーブ・ウシュク村にある有志連合基地前で、制憲委員会(憲法委員会)に反対するデモが行 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

マアッルハッタート村(イドリブ県)に留め置かれているトルコ軍の車列の一部がシリア・トルコ国境に向かう(2019年10月2日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が一方的停戦を宣言してから32日目(爆撃を激化させてか … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから397人、ヨルダンから665人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年10月2日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月2日付)を公開し、10月1日に難民1,062人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは397人(うち女性119人、子供20 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする