日別アーカイブ: 2019年10月11日

ロシア軍使節団がシリア政府とYPG主体のシリア民主軍を仲介するためカーミシュリー市を訪問(2019年10月11日)

ハサカ県では、スプートニク・ニュース(10月12日付)によると、ロシア軍使節団がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるカーミシュリー市を訪問した。 シリア政府が管理するカーミシュリー空港に到着した使節団は、トル … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構と共闘を続けてきたイッザ軍の戦闘員の500人が離反し、国民軍に統合された国民解放戦線に合流(2019年10月11日)

スマート・ニュース(10月11日付)は、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構とイドリブ県、ハマー県北部、アレッポ県西部などで共闘を続けてきた「穏健な反体制派」のイッザ軍の戦闘員約500人が組織を離反し、10月 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

NATOのストルテンベルグ事務総長はトルコに自制を求める(2019年10月11日)

NATOのヤンス・ストルテンベルグ事務総長はトルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣と会談し、トルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)への対応などについて意見を交わした。 ストルテンベルグ事務総長はチャヴ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

パキスタンのカーン首相はトルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)への支持を表明(2019年10月11日)

パキスタン政府は声明を出し、イムラン・カーン首相がトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と電話会談を行い、そのなかでトルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)への支持を表明したと発表した。 AP(10 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トランプ米大統領「選択肢が三つある:数千の兵を派遣し、軍事的に勝利すること、トルコを財政面、つまりは制裁でたたきのめすこと、そしてトルコとクルド人を仲介すること」(2019年10月11日)

ドナルド・トランプ米大統領はツイッターのアカウント(https://twitter.com/realDonaldTrump/)で、トルコによるシリア北東部に侵攻(「平和の泉」作戦)に対してとり得る三つの選択肢があると綴っ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県ではトルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)に反対するデモ(2019年10月11日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局支配下のマーリキーヤ(ダイリーク)市で金曜日の集団礼拝後にデモが行われ、トルコの侵攻(「平和の泉」作戦)に反対を表明した。 また、SANA(10月11日付)による … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

イドリブ県、アレッポ県北部でトルコによるシリア北東部への侵攻(「平和の泉」作戦)を支持するデモ(2019年10月11日)

イドリブ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(10月11日付)などによると、シャーム解放機能が軍事・治安権限を握るマアッラト・ヌウマーン市、カフルタハーリーム町、カフルルーマー村、ビンニシュ市、サルマダー市、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ダイル・ザウル県南東部の北・東シリア支配地域をシリア軍と「イランの民兵」が砲撃、米主導の有志連合が対抗措置としてシリア軍陣地1カ所を爆撃で破壊(2019年10月11日)

ダイル・ザウル県、ユーフラテス・ポスト(10月11日付)、ジスル・プレス(10月11日付)は、ブーカマール市近郊のサーリヒーヤ村(ユーフラテス川西岸)に展開するシリア軍が、北・東シリア自治局支配下のハジーン市(ユーフラテ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍がカーミシュリー市(ハサカ県)の刑務所を砲撃したのに乗じて、投獄されていたダーイシュ・メンバー5人が脱獄(2019年10月11日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるカーミシュリー市で、北・東シリア自治局が管理するジールキーン刑務所を砲撃、同刑務所に収監されていたダーイシュ(イスラーム国 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県カーミシュリー市内の北・東シリア自治局支配地域でダーイシュが車に爆弾を仕掛けて爆破、10人死亡(2019年10月11日)

ハサカ県では、シリア人権監視団やSANA(10月11日付)によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるカーミシュリー市のムニール・ハビーブ通り(北・東シリア自治局支配地区)で、車に仕掛けられていた爆弾が爆発 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコによるシリア北西部への侵攻作戦(「平和の泉」作戦)第1段階の目的はイラクとの兵站路の寸断(2019年10月11日)

トルコ日刊紙『サバフ』(10月11日付)は、トルコによるシリア北西部への侵攻作戦(「平和の泉」作戦)の詳細を明らかにした。 それによると、作戦は以下3段階からなるという。 第1段階:トルコ軍は7~10日のうちに、国境から … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

北・東シリア自治局はハサカ県北西部のマブルーカ・キャンプから国内避難民を県南部のアリーシャ・キャンプに移送(2019年10月11日)

北・東シリア自治局は声明を出し、トルコ軍の侵攻に伴う戦闘激化を受けて、ハサカ県北西部のマブルーカ・キャンプに収容されている国内避難民(IDPs)を県南部のアリーシャ・キャンプに移送したと発表した。 アリーシャ・キャンプは … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 難民・IDP | コメントする

トルコ軍は米主導の有志連合の基地があるアレッポ県アイン・アラブ市近郊への攻撃を開始、米軍が照明弾でトルコ軍の砲撃に応戦(2019年10月11日)

トルコ軍が反体制武装集団の国民軍とともに開始したシリア北東部への侵攻作戦「平和の泉」作戦は3日目に入り、トルコ軍はラッカ県タッル・アブヤド市および同市一帯、ハサカ県ラアス・アイン市および同市一帯、カーミシュリー市および同 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍がシリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を握るカフルナブル市一帯(イドリブ県)を爆撃(2019年10月11日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機複数機が、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構が軍事・治安権限を握るカフルナブル市一帯を3度にわたり爆撃した。 死傷者はなかった。 また、シリア軍地上部隊が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから418人、ヨルダンから651人の難民が帰国、避難民3人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年10月11日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月11日付)を公開し、10月10日に難民1,069人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは418人(うち女性125人、子供 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする