日別アーカイブ: 2019年10月14日

PYD(TEV-DEM)幹部のハリール氏「国家分裂を望まないがゆえに、国境地帯へのシリア軍の撤回を求めた」(2019年10月14日)

北・東シリア自治局を主導するクルド民族主義組織の民主統一党(PYD)傘下の民主連合運動(TEV-DEM)幹部の1人アルダール・ハリール氏は、ローナーヒー・チャンネル(10月14日付)のインタビューに応じ、そのなかで北・東 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

パレスチナのハマースはトルコによるシリア北東部への「平和の泉」侵攻作戦に理解を示す(2019年10月14日)

パレスチナのハマースは声明を出し、トルコによるシリア北東部への「平和の泉」侵攻作戦への姿勢を明らかにした。 ハマースは声明で「トルコの国境防衛および自衛の権利、そしてこの地域におけるシオニスト・モサドの暴挙による国家安全 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「ロシアによる好意的な政策ゆえに、アイン・アラブ(コバネ)で問題が生じることはないだろう」(2019年10月14日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、記者会見でアレッポ県東部のユーフラテス川西岸に位置する北・東シリア自治局の拠点都市マンビジュ市の処遇に関して、「米国とトルコの間に意見の相違はなく、トルコは現在、マンビ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米軍はシリア北東部から撤退する一方、南東部の油田地帯に増派、タンフ国境地帯残留も決定(2019年10月14日)

SANA(10月14日付)は、シリア北東部に駐留していた米軍主導の有志連合の兵士約150人がハサカ県マーリキーヤ(ダイリーク)市近郊のルハイバ村に違法に設置されていた航空基地からイラク領に向けて撤退したと伝えた。 ** … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍はマンビジュ市制圧に向けて「平和の泉」作戦を拡大、シリア軍が新たに展開した地域でも戦闘が発生(2019年10月14日)

トルコ軍が反体制武装集団の国民軍とともに開始したシリア北東部への侵攻作戦「平和の泉」作戦は6日目に入り、トルコ軍はラッカ県タッル・アブヤド市および同市一帯、ハサカ県ラアス・アイン市および同市一帯、ダルバースィーヤ市一帯な … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアの仲介によるシリア政府とYPGのシリア民主軍の合意に基づき、シリア軍地上部隊がマンビジュ市、タブカ市、アイン・イーサー市などに展開(2019年10月14日)

アレッポ県では、SANA(10月14日付)によると、ロシアの仲介によるシリア政府と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の合意に基づき、シリア軍地上部隊がユーフラテス川西岸にある北・東シリア自治局の拠点都市マンビジュ市お … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア軍戦闘機がイドリブ県ナキール村を爆撃(2019年10月14日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がシャーム解放機構などの支配下にあるナキール村を爆撃した。 また、シリア軍地上部隊がラカーヤー・サジュナ村、バーラ村、タッフ村、ダイル・ガルビー村、タフターヤー村を … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュがラッカ県、ダイル・ザウル県でYPG主体のシリア民主軍の戦闘員18人を殺害(2019年10月14日)

ダーイシュ(イスラーム国)に近いアアマーク通信(10月14日付)は、ダーイシュがラッカ県のカラーマ村に近いクサイバ村で爆弾を爆破し、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の戦闘員10人を殺害したと伝えた。 同通信はまた、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:シャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県から国内避難民124人がシリア政府支配地域に避難(2019年10月14日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月14日付)を公開し、10月13日に難民1,094人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは377人(うち女性113人、子供 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする