日別アーカイブ: 2019年10月26日

イドリブ県での米国によるバグダーディー指導者殺害作戦に合わせて、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構は作戦地域を封鎖(2019年10月26日)

英国で活動する反体制系NGOのシリア人権監視団は、26日のイドリブ県での米軍によるダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バクル・バグダーディー指導者暗殺作戦の実施に合わせるかのように、シリアのアル=カーイダと目されいてるシ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米軍とYPG主体のシリア民主軍がシャーム解放機構など反体制派の支配下にあるイドリブ県で空挺作戦を敢行、ダーイシュのバグダーディー指導者を殺害(2019年10月26日)

シリア人権監視団によると、米軍ヘリコプター8機が26日未明(早朝)、アレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市近郊のスィッリーン町にある航空基地を離陸、トルコが占領する「ユーフラテスの盾」地域のジャラーブルス市、ラーイー村、ア … 続きを読む

カテゴリー: その他, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

『ニューズウィーク』は米国防総省高官の話として、米軍がイドリブ県で実施した極秘作戦でダーイシュのバグダーディー指導者を殺害したと伝える(2019年10月26日)

『ニューズウィーク』(10月26日)は、米国防総省高官の話として、ダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バクル・バグダーディー指導者が、イドリブ県で米軍ヘリコプターが実施した極秘作戦で殺害されたと伝えた。 同高官によると、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省は米国がシリアから石油を略奪していると非難、その写真を公開(2019年10月26日)

ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、モスクワでの記者会見で、シリア南東部で違法な駐留を続ける米軍が、同地の油田地帯で産出された石油を国外に持ち出していると非難、石油を輸送していると思われる車列の衛星画像を公開 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ハサカ県内のシリア政府支配地域を移動する米軍車輌の写真をAFPが公開(2019年10月26日)

AFP(10月27日付)は、シリア北部に駐留を続けてきた米軍の車輌が、シリア政府支配下のハサカ市郊外に設置されているアサド大統領のポスターの前を通過している写真を公開した。 写真が撮影された正確な日時は不明。 SNS上で … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣とポンペオ米国務長官が電話会談を行い、シリア情勢への対応について協議(2019年10月26日)

ロシアの外務省は声明を出し、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣とマイク・ポンペオ米国務長官が電話会談を行い、シリア情勢への対応について意見を交わしたと発表した。 会談において、ロシア側は、シリアの主権尊重と領土統一の必要を強調し … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はハサカ県ラアス・アイン市東方の8カ村に新たに展開(2019年10月26日)

ハサカ県では、SANA(12月27日付)によると、ロシア仲介によるシリア政府と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の合意に従い、シリア軍部隊が、ラアス・アイン郡の境界を通るタッル・タムル町・ラアス・アイン市街道一帯への … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ハサカ県ラアス・アイン市近郊でYPG主体のシリア民主軍、シリア軍がトルコの支援を受ける国民軍と交戦(2019年10月26日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、アブー・ラースィーン町近郊のバーブ・ハイル村、ムライキーズ村一帯、ダーウーディーヤ村一帯でトルコの支援を受ける国民軍と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が交戦し、国民軍の戦闘員 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団がラタキア県北東部で交戦、シリア軍ヘリコプターが同地を「樽爆弾」で爆撃(2019年10月26日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団がカッバーナ村一帯で交戦、シリア軍ヘリコプターが同地を「樽爆弾」で爆撃した。 ** ハマー県では、シリア人権監視団によると、シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから407人、ヨルダンから475人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年10月26日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月26日付)を公開し、10月25日に難民882人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは407人(うち女性122人、子供20 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする