日別アーカイブ: 2019年10月5日

ハマー県北部のシリア軍武器弾薬庫で大きな爆発、ロシア軍将兵を含む18人が死亡か(2019年10月5日)

ハマー県では、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に近いイバー・ネット(10月6日付)によると、ブライディージュ村にあるシリア軍の武器弾薬庫で大きな爆発が発生した。 爆発の原因は不明だという。 これに関して、 … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

『ウォールストリート・ジャーナル』:トルコ軍が侵攻したらトランプ大統領は米軍をシリア北東部から撤退させる(2019年10月5日)

米国防総省のショーン・ロバートソン報道官は、「米国はシリア北部での安全保障の仕組みをうまく機能させることに集中している…。なぜならそれが前進するためにもっとも良い道だからだ」としたうええで「トルコが(米国と連携せずに)軍 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG)主体のシリア民主軍のバーリー報道官「国境地帯でのトルコ軍の攻撃を全面戦争にすることを躊躇しない」(2019年10月5日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のムスタファー・バーリー報道官は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領がユーフラテス川東岸での地上・航空作戦実施の意志を表明したことに関して、ツイッターのアカウント(ht … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「ユーフラテス川東岸で平和を確立するため、地上・航空作戦を実施する」(2019年10月5日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、シリアのユーフラテス川東岸で「平和を確立」するため、地上・航空作戦を実施する意志を表明した。 エルドアン大統領は「トルコ軍はユーフラテス川東部の前戦線において準備が整っ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアレッポ県北部各所で相次いで爆発が発生し14人が負傷(2019年10月5日)

アレッポ県では、シリア人権監視団、ANHA(10月5日付)によると、トルコ占領下にあるジャラーブルス市とカッバースィーン村で相次いでオートバイに仕掛けられた爆弾が爆発し、14人が負傷した。 ザマーン・ワスル(10月5日付 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

国民軍幹部:国民解放戦線を統合したことで兵力は11万人以上となった(2019年10月5日)

国民軍に所属するムウタスィム旅団のムスタファー・スィージャリー政治局長はザマーン・ワスル(10月5日付)に対して、「国民軍の兵力は今日、11万人以上となった。そのなかには、離反したエリート士官、シリア革命の象徴が含まれて … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構がハマー県北部やイドリブ県での戦闘を評価することを目的に数回にわたって秘密会合(2019年10月5日)

ドゥラル・シャーミーヤ(10月5日付)は、独自の情報筋から得た情報だとして、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が、ハマー県北部やイドリブ県での戦闘を評価することを目的に、200人以上の前線司令官らと数回にわ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア軍が22日ぶりにイドリブ県で爆撃を実施し、新興のアル=カーイダ系組織のフッラースディーン機構の戦闘員ら9人を殺害(2019年10月5日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が、県東部のバリーサ村、タッル・アガル村東部にある新興のアル=カーイダ系組織のフッラースディーン機構の拠点を砲撃、少なくとも戦闘員9人(うちフッラースディーン戦闘員 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから365人、ヨルダンから822人の難民が帰国、避難民1人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年10月5日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月5日付)を公開し、10月4日に難民1,187人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは365人(うち女性110人、子供18 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする