イスラーム国をめぐる動き:イスラーム国のアブー・アリー・シーシャーニー氏、妻逮捕の報復としてレバノン人女性を拉致すると脅迫(2014年12月4日追記)

ダーイシュ(イスラーム国)の司令官の一人アブー・アリー・シーシャクリー氏(アナス・シャルカス氏)はビデオ声明(https://www.youtube.com/watch?v=QfbrSgqxsVA)を出し、自身のレバノン人妻が逮捕されたと発表、報復としてレバノン人女性を拉致すると怒りを露わにして脅迫した。

ビデオ声明でシーシャクリー氏は「私の妻、アラー・ムスカール・ウカイリー、ウンム・アリーが2日前にトリポリ市から連れ去られた」ことを明らかにした。

そのうえで、妻の逮捕の責任がレバノンのウラマー委員会サーリム・ラーフィイー委員長にあると指弾し、「お前はアッラーの前で責任を負っている」と批判するだけでなく、「レバノン、とりわけトリポリのスンナ派」に対しても責任があると追及した。

さらにシーシャクリー氏はレバノン軍に対して「私の妻をただちに釈放しなければ、拉致されたレバノン軍兵士が釈放されることを夢見るな」と警告した。

そのうえで「私の妻、私の子供たちを釈放しなければ、レバノン軍兵士の女子供は我々にとって合法的な標的となる。私は行動を始める。レバノン軍兵士、ヒズブッラーの女子供を拉致する」と脅迫した。

レバノン当局は2日、ダーイシュのカリフを名乗るアブー・バクル・バグダーディー氏やシャームの民のヌスラ戦線高官の妻子を拘束したと発表していた。

関連記事

http://syriaarabspring.info/wp/?p=16088

http://syriaarabspring.info/wp/?p=16110

Youtube, December 4, 2014

Youtube, December 4, 2014

AFP, December 5, 2014、AP, December 5, 2014、ARA News, December 5, 2014、Champress, December 5, 2014、al-Hayat, December 6, 2014、Kull-na Shuraka’, December 5, 2014、al-Mada Press, December 5, 2014、Naharnet, December 5, 2014、NNA, December 5, 2014、Reuters, December 5, 2014、SANA, December 5, 2014、UPI, December 5, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク