シリア国民連合元議長、「モスクワ1参加は流血と破壊を停止させるための手段」(2015年1月1日)

無所属活動家のアフマド・マアーッズ・ハティーブ氏(シリア革命反体制勢力国民連立元議長)は声明を出し、「モスクワ1」に関して、流血と破壊を停止させる手段の一つと位置づけ、アサド政権が退陣しない限り、紛争解決はないとの立場を改めて主張した。

AFP, January 1, 2015、AP, January 1, 2015、ARA News, January 1, 2015、Champress, January 1, 2015、Iraqi News, January 1, 2015、Kull-na Shuraka’, January 1, 2015、al-Mada Press, January 1, 2015、Naharnet, January 1, 2015、NNA, January 1, 2015、Reuters, January 1, 2015、SANA, January 1, 2015、UPI, January 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク