エジプト外務省がトルコによるイラク、シリアへの爆撃を暗に批判(2015年7月29日)

エジプト外務省報道官は声明を発表し、イラク北部のPKK(クルディスタン労働者党)拠点やシリア北部への空爆に関して、「シリア国内でのテロ組織に対する戦いを支持する」としつつ、「本件に関して、国際法の基本原則や決定が伴われる」べきと表明し、トルコの独断的な軍事介入を暗に批判した。

『ハヤート』(7月30日付)が伝えた。

AFP, July 29, 2015、AP, July 29, 2015、ARA News, July 29, 2015、Champress, July 29, 2015、al-Hayat, July 30, 2015、Iraqi News, July 29, 2015、Kull-na Shuraka’, July 29, 2015、al-Mada Press, July 29, 2015、Naharnet, July 29, 2015、NNA, July 29, 2015、Reuters, July 29, 2015、SANA, July 29, 2015、UPI, July 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク