バーブ市(アレッポ県)の反体制武装集団はシャーム自由人イスラーム運動とともに統合作戦司令室を設置(2017年6月18日)

アレッポ県では、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室、「ユーフラテスの盾」作戦司令室)が共同ビデオ声明を出し、統合作戦司令室を新設すると発表した。

統合作戦司令室への参加を表明したのは、バーブ市軍事評議会、バーブ市地元評議会、バーブ市治安機構、ハムザ師団、スルターン・ムラード師団、シャーム軍団、シャーム戦線、ムンタスィル・ビッラー旅団、北部師団、サマルカンド旅団、東部自由人、北部旅団、スルターン・ムハンマド・ファーティフ、第51旅団、北部の鷹、シャーム自由人イスラーム運動。


AFP, June 18, 2017、AP, June 18, 2017、ARA News, June 18, 2017、Champress, June 18, 2017、al-Hayat, June 19, 2017、Kull-na Shuraka’, June 18, 2017、al-Mada Press, June 18, 2017、Naharnet, June 18, 2017、NNA, June 18, 2017、Reuters, June 18, 2017、SANA, June 18, 2017、UPI, June 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク