シリア軍はヒムス県東部でダーイシュに対する掃討作戦を継続(2017年6月28日)

ヒムス県では、SANA(6月28日付)によると、シリア軍が「同盟者」とともにダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、アーラーク油田東部の拠点複数カ所を制圧した。

一方、シリア人権監視団によると、ダーイシュは、シリア政府支配下のマクサル・ヒサーン村、ジュッブ・ジャッラーフ村を砲撃した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(6月28日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南部の第137連隊基地一帯、バルーク丘一帯、パノラマ交差点一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

シリア軍はまた、ダイル・ザウル市ラシュディーヤ地区、ハウィーカ地区、フワイジャト・サクル、旧空港地区、ジャフラ村、工業地区、ウルフィー地区、アイヤーシュ村、ハジーフ村、ブーライル村、ダイル・ザウル航空基地一帯のダーイシュ拠点を空爆した。

**

『ハヤート』(6月29日付)は、複数の消息筋の話として、アサド大統領が、ムワッファク・アスアド少将に代えて、ラフィーク・シハーダ少将を東部地区方面(ダイル・ザウル県、ハサカ県、ラッカ県)司令官に任命した、と伝えた。

AFP, June 28, 2017、AP, June 28, 2017、ARA News, June 28, 2017、Champress, June 28, 2017、al-Hayat, June 29, 2017、Kull-na Shuraka’, June 28, 2017、al-Mada Press, June 28, 2017、Naharnet, June 28, 2017、NNA, June 28, 2017、Reuters, June 28, 2017、SANA, June 28, 2017、UPI, June 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク