シリア軍はダマスカス郊外県東グータ地方を爆撃し、10人死亡(2017年7月25日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(7月25日付)によると、シリア軍がアルバイン市を空爆し、少なくとも10人が死亡した。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(7月26日付)によると、ウンム・アウサジュ村・ズィムリーン村間の街道でシリア革命家戦線のマトアブ・ヌマイリー司令官が乗った車が路上に仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれ、ヌマイリー司令官が即死した。

AFP, July 25, 2017、AP, July 25, 2017、ARA News, July 25, 2017、Champress, July 25, 2017、al-Hayat, July 26, 2017、Kull-na Shuraka’, July 25, 2017、July 26, 2017、al-Mada Press, July 25, 2017、Naharnet, July 25, 2017、NNA, July 25, 2017、Reuters, July 25, 2017、SANA, July 25, 2017、UPI, July 25, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク