YPG主導のシリア民主軍はシリア軍に先んじてシリア最大の油田地帯ウマル油田をダーイシュから解放(2017年10月22日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のライラー・アブドゥッラー報道官(「ジャズィーラの嵐」作戦司令室)は、公式サイトSDF-Press(10月22日付)を通じて、22日早朝にダイル・ザウル県マヤーディーン市北東部のユーフラテス川左岸(東岸)に位置するシリア最大の油田地帯ウマル油田をダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に制圧したと発表した。

19日にシリア軍が、ウマル油田を見下ろすことができるズィーバーン村を制圧、21日には同油田を射程圏内に収め、制圧をめざしていた。

Google Map

http://sdf-press.com/en/wp-content/uploads/2017/10/badb3f12-c81c-4f1d-abd4-49be96c91723-1.jpg

**

ウマル油田は、シリア最大の油田で、「アラブの春」が波及する以前は1日3万バレルの石油を生産していた。

同油田は2013年11月に自由シリア軍ダイル・ザウル軍事評議会を名乗る武装集団が制圧したが、同組織は2014年6月に、カリフ制樹立を宣言したダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓い、油田もダーイシュの支配下に入った。

SDF-Press, October 22, 2017

AFP, October 22, 2017、ANHA, October 22, 2017、AP, October 22, 2017、ARA News, October 22, 2017、Champress, October 22, 2017、al-Hayat, October 23, 2017、Kull-na Shuraka’, October 22, 2017、al-Mada Press, October 22, 2017、Naharnet, October 22, 2017、NNA, October 22, 2017、Reuters, October 22, 2017、SANA, October 22, 2017、SDF-Press, October 22, 2017、UPI, October 22, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.