ダーラ・イッザ市地元評議会はヌールッディーン・ザンキー運動が同市をシャーム解放委員会との戦闘に巻き込もうとしていると批判(2017年11月12日)

アレッポ県西部のダーラ・イッザ市地元評議会は声明を出し、シャーム解放委員会と対立するヌールッディーン・ザンキー運動に関して、市内で戦闘を行うことで住民に死傷者が発生していると非難した。

ダーラ・イッザ市地元評議会はまた、市内およびその周辺でのいかなる軍事攻撃にも反対すると表明、「ダーラ・イッザ市にある唯一の境界線とは、クルド人部隊(西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍)とトルコ軍が展開する地域を隔てる境界線だけ」と表明した。

al-Durar al-Shamiya, November 12, 2017

AFP, November 12, 2017、ANHA, November 12, 2017、AP, November 12, 2017、ARA News, November 12, 2017、Champress, November 12, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 12, 2017、al-Hayat, November 13, 2017、al-Mada Press, November 12, 2017、Naharnet, November 12, 2017、NNA, November 12, 2017、Reuters, November 12, 2017、SANA, November 12, 2017、UPI, November 12, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク