ダマスカス郊外県、ハマー県などでシリア軍はシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦(2017年11月14日)

ダマスカス郊外県では、SANA(11月14日付)によると、バイト・ジン村農場地帯で活動を続けるシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団がバイト・サービル町を砲撃し、1人が死亡、5人が負傷した。

またドゥーマー市で活動を続ける反体制武装集団は、アドラー市郊外のダマスカス中央刑務所を砲撃した。

これに対して、シリア軍はハラスター市一帯に進攻した反体制武装集団と交戦し、これを撃退した。

一方、ドゥラル・シャーミーヤ(11月14日付)によると、シリア軍と「イランの民兵」がシャイフ山(ヘルモン山)の山麓地帯を包囲するかたちで増援部隊を派遣した。

**

アレッポ県では、SANA(11月14日付)によると、反体制武装集団がヌッブル市北部を砲撃し、2人が死亡、2人が負傷した。

**

ハマー県では、SANA(11月14日付)によると、シリア軍は県北東部でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦を続け、サルハー・カバリーヤ村を制圧した。

これに対して、反体制武装集団はサルハブ市、ムハルダ火力発電所を砲撃し、女性1人を含む5人が負傷した。

AFP, November 14, 2017、ANHA, November 14, 2017、AP, November 14, 2017、ARA News, November 14, 2017、Champress, November 14, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 14, 2017、al-Hayat, November 15, 2017、al-Mada Press, November 14, 2017、Naharnet, November 14, 2017、NNA, November 14, 2017、Reuters, November 14, 2017、SANA, November 14, 2017、UPI, November 14, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク