反体制武装集団が首都ダマスカスを砲撃し3人死亡する一方、シリア軍も東グータ地方を爆撃し1人死亡(2017年12月4日)

ダマスカス県では、SANA(12月4日付)によると、反体制武装集団がアッバースィーイーン地区を砲撃し、3人が死亡、15人が負傷した。

**

ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月4日付)によると、シリア軍がアイン・タルマー村を砲撃し、1人が死亡、6人が負傷した。

シリア軍はまたアイン・タルマー村とダマスカス県ジャウバル区を結ぶ街道一帯でラフマーン軍団と交戦した。

一方、東カラムーン地方で活動する反体制武装集団5組織が共同ビデオ声明を出し、シャーム解放軍に合流するを表明した。

シャーム解放軍への合流を表明したのは、グータ殉教者旅団、殉教者ウマル・ハイダル旅団、フスタート・ムスリミーン大隊、バフア殉教者大隊、アーイシャ・ウンム・ムウミニーン大隊。

5組織はレバノンのヒズブッラーとイランの民兵と戦うためにシャーム解放軍に参加すると表明した。

一方、シャーム解放軍の広報官も声明を出し、5組織が合流したことを明らかにした。

al-Durar al-Shamiya, December 4, 2017

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月4日付)によると、シリア軍がアル=カーイダ系のシャーム解放委員会と戦闘の末に県南部のフワイリー村を制圧したが、シャーム解放委員会が反撃、同地を奪還、シリア軍兵士20人以上を殺害した。

**

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月4日付)によると、ロシア軍所属と思われる戦闘機が県東部のサマーキーヤ村を爆撃し、子ども2人を含む3人が死亡、4人が負傷した。

AFP, December 4, 2017、ANHA, December 4, 2017、AP, December 4, 2017、ARA News, December 4, 2017、Champress, December 4, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 4, 2017、al-Hayat, December 5, 2017、al-Mada Press, December 4, 2017、Naharnet, December 4, 2017、NNA, December 4, 2017、Reuters, December 4, 2017、SANA, December 4, 2017、UPI, December 4, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク