アル=カーイダ系のシャーム解放機構はダマスカス県、ダマスカス郊外県からの戦闘員と家族退去に向けてシリア軍と協議(2017年12月26日)

首都の声(サウト・アースィマ)(12月26日付)は、アル=カーイダ系組織のシャーム解放機構の使節団が、シリア軍の代表と会談し、ダマスカス県南部のヤルムーク・パレスチナ難民キャンプおよびダマスカス郊外県東グータ地方からのメンバーの退去について協議したと伝えた。

アブー・バクル・アムニーを名のる幹部を団長とするシャーム解放機構の使節団は、シリア軍治安部門の高官らと会談し、シャーム解放機構メンバーおよび家族のイドリブ県方面への退去、キャンプのシリア政府への引き渡しについて協議したという。

AFP, December 26, 2017、ANHA, December 26, 2017、AP, December 26, 2017、ARA News, December 26, 2017、Champress, December 26, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 26, 2017、al-Hayat, December 26, 2017、al-Mada Press, December 26, 2017、Naharnet, December 26, 2017、NNA, December 26, 2017、Reuters, December 26, 2017、SANA, December 26, 2017、Sawt al-‘Asima, December 26, 2017、UPI, December 26, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク