日別アーカイブ: 2015年12月3日

米主導の有志連合はシリア領内で20回の爆撃を実施(2015年12月3日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月3日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して26回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は20回、ダイル・ザウル市近郊(6回)、ブーカマール市近 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ国営アナトリア通信:イラク・クルド自治区高官は、トルコとダーイシュ(イスラーム国)の石油密輸取引の証拠としてロシア国防省が示したタンクローリーの画像について「クルド自治区の石油を運ぶタンクローリー」だと主張(2015年12月3日)

トルコの国営アナトリア通信(12月3日付)は、2日にロシア国防省が開いた記者会見で、トルコ政府とダーイシュ(イスラーム国)との石油密輸取引の証拠として示された画像に関して、イラク・クルディスタン地域高官らが、クルド自治区 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス郊外県バラダー渓谷で、反体制武装集団の武装解除と投降などを骨子とする停戦が実現(2015年12月3日)

ダマスカス郊外県バラダー渓谷での停戦を推し進める国民和解委員会(バラダー渓谷地区)は、同地でのシリア軍と反体制武装集団の停戦合意の内容を開示した。 国民和解委員会によると、停戦合意は13項目からなり、①シリア政府と反体制 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

西クルディスタン移行期民政局支配下のアレッポ市シャイフ・マクスード地区をアル=カーイダ系組織が砲撃するなか、ロシアが同地のYPGに武器弾薬を投下したとの情報が流れる(2015年12月3日)

アレッポ県では、ARA News(12月3日付)によると、西クルディスタン移行期民政局が実効支配するアレッポ市シャイフ・マクスード地区をアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動が砲撃し … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米トルコが設置合意したアレッポ県北部の「安全保障地帯」西部に位置するアフリーン地区では、アル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」からなる連合組織がYPGと停戦合意(2015年12月3日)

ARA News(12月3日付)は、アレッポ県アフリーン市一帯で戦闘を続けていた西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と、アル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」の連合組織アレッポ・ファトフ軍作戦司令室が停戦合意したと伝 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米トルコが設置合意したアレッポ県北部の「安全保障地帯」でダーイシュ(イスラーム国)と「穏健な反体制派」の攻防続く(2015年12月3日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(12月3日付)によると、米トルコ両政府が設置合意した北部の「安全地帯」西部のバラーギーダ村、ハムザート村(アアザーズ市東部)にダーイシュ(イスラーム国)が進攻し、両村を制圧したが、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がアレッポ市南部でヌスラ戦線と戦闘の末、ジャアファリー丘を制圧(2015年12月3日)

アレッポ県では、SANA(12月3日付)によると、シリア軍がシャームの民のヌスラ戦線との戦闘の末、アレッポ市南部郊外のジャアファリー丘を制圧した。 シリア軍はまた、カフルハムラ村、マンスーラ村、アレッポ市ラーシディーン地 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ロシア軍がヒムス県中部などでダーイシュ(イスラーム国)への攻撃を続けるなか、シャイーラート軍事飛行場(ヒムス県中部)でロシア軍戦闘機配備のための拡張工事がほぼ完了(2015年12月3日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が国防隊とともに、タドムル市、カルヤタイン市一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続け、シリア軍、ロシア軍がヘリコプターなどで同地一帯を空爆した。 一方、SANA(12 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

英軍がシリア領内でダーイシュ(イスラーム国)石油関連施設への爆撃を開始(2015年12月3日)

英下院は2日夜、英軍が有志連合の枠組みのなかでダーイシュ(イスラーム国)に対して実施してきた空爆の範囲をイラクからシリアへと拡大するよう認める同義を賛成多数で可決し(賛成397票、反対223票)、承認した。 採決にあたっ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ケリー米国務長官は、ダーイシュ(イスラーム国)殲滅に向け、シリア軍、反体制派、アラブ諸国軍からなる合同地上部隊の結成を主唱(2015年12月3日)

ジョン・ケリー米国務長官は、全欧州安全保障協力機構外相級会合に出席するために訪問中のセルビアの首都ベルグラードで、シリアでのダーイシュ(イスラーム国)の壊滅に向け、アラブ諸国の軍やシリア軍からなる合同地上部隊の展開を主唱 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのプーチン大統領はトルコに「世界にとって脅威となるような感情的、ヒステリックな対応はとらない」としつつも、追加制裁を意思表明(2015年12月3日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領はモスクワの大統領府(クレムリン)で年次教書演説を行い、ダーイシュ(イスラーム国)壊滅に向けて、欧米諸国、中東諸国がロシアとともに大連合を結成すべきだと呼びかけた。 また、トルコによる … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領「ロシアがダーイシュ(イスラーム国)との石油取引に関与している証拠を持っている」(2015年12月3日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は首都アンカラでの組合関係者との会合で、自身ではなくロシアがダーイシュ(イスラーム国)との石油取引に関与している「証拠を持っている」としたうえで、「我々はそれを世界に暴露し … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする