日別アーカイブ: 2015年12月15日

ロシア軍機は15日、59回の出撃を行い、212の標的を攻撃、「テロリスト」320人を殺害、タンクローリー109輌を破壊(2015年12月15日)

ロシア国防省によると、ロシア軍戦闘機は15日、シリア空軍の支援を受け、アレッポ県、イドリブ県(マアッラト・ヌウマーン市一帯)、ラタキア県、ハマー県、ヒムス県(カルヤタイン市一帯)、ハサカ県、ラッカ県各所で空爆を実施するた … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米軍主導の有志連合はシリア領内で6回の爆撃を実施(2015年12月15日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月15日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して17回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は6回、アイン・イーサー市近郊(1回)、マンビジュ市近 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヒムス県中部、ダイル・ザウル県などでシリア軍とダーイシュの戦闘続く(2015年12月15日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊がハドス村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 一方、SANA(12月15日付)によると、シリア軍がタドムル市、スフナ市、カルヤタイン市、マヒーン町およびそ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米トルコが設置合意した「安全保障地帯」内でシャーム戦線がダーイシュとの戦闘の末、1カ村を奪還(2015年12月15日)

アレッポ県では、マサール・プレス(12月15日付)によると、反体制武装集団(シャーム戦線)が米トルコが設置合意した「安全地帯」内に位置するクーバリー村一帯でダーイシュ(イスラーム国)との交戦し、同地を制圧した。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

リヤドでの反体制派の合同会合に参加したイスラーム軍、アル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動が、ヌスラ戦線などとともにダマスカス郊外県マルジュ・スルターン村一帯奪還に向けた合同作戦司令室を結成(2015年12月15日)

ドゥラル・シャーミーヤ(12月15日付)によると、マルジュ・スルターン村一帯を喪失したイスラーム軍、シャーム自由人イスラーム運動、アジュナード・シャーム・イスラーム連合、シャームの民のヌスラ戦線、ラフマーン軍団が同地の奪 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダマスカス郊外県、アレッポ県でシリア軍と反体制武装集団の戦闘続く(2015年12月15日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がドゥーマー市郊外のアーリヤ農場、アッブ農場橋一帯を砲撃、また戦闘機(所属不明)がサクバー市、ダイル・アサーフィール市一帯を空爆した。 このほか、シリア人権監視団に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市東部のクワイリス軍事飛行場が復旧し、ダーイシュ、ヌスラ戦線などとの戦いにおける戦略的拠点としての機能を回復(2015年12月15日)

SANA(12月15日付)は、11月にシリア軍が包囲解除に成功したアレッポ県東部のクワイリス航空基地の復旧工事が完了し、ダーイシュ(イスラーム国)やシャームの民のヌスラ戦線などのテロ組織との戦いにおける戦略拠点としての機 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

サウジアラビアはアラブ・イスラーム諸国34カ国からなる対テロ軍事同盟の結成を発表するも、ダーイシュ(イスラーム国)との主戦場であるシリア、イラクを同盟に加えず(2015年12月15日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣はフランスの首都パリでの記者会見で、湾岸諸国をはじめとするアラブ・イスラーム諸国からなる新たな対テロ軍事同盟を結成し、「テロとの戦い」における新たな戦線を開くと発表した。 こ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ケリー米国務長官がロシアでプーチン大統領、ラヴロフ外務大臣と会談し、シリア情勢への対応について協議(2015年12月15日)

ジョン・ケリー米国務長官がロシアの首都モスクワでセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と会談し、シリア情勢、ウクライナ情勢への対応などについて協議した。 『ハヤート』(12月16日付)によると、会合では、ウィーンでの合意の具体的内容 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

フランスのファビウス外務大臣はリヤドでの反体制派の合同会合を高く評価(2015年12月15日)

フランスのローラン・ファビウス外務大臣は、サウジアラビアの首都リヤドで8~10日にかけて開催されたシリアの反体制派の合同会合に関して「反体制政治組織と武装組織が共通の計画をめぐって初めて一つになった」と高く評価した。 『 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省はシリアでの爆撃を開始した9月30日以降、4,201回の攻撃を実施したと発表(2015年12月15日)

ロシア国防省は、シリア領内での空爆を開始した9月30日以降の出撃回数が4,201回(うち145回が長距離爆撃機による攻撃)に及び、ダーイシュ(イスラーム国)などのテロ組織のインフラ、拠点、基地などを破壊したと発表した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする