日別アーカイブ: 2015年12月1日

米主導の有志連合はシリア領内で2回の爆撃を実施(2015年12月1日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月1日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して17回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は2回、アイン・イーサイ市近郊のダーイシュに対して攻撃が … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヨルダンのアブドゥッラー2世国王「ダーイシュ(イスラーム国)と戦うため、シリア南部の反体制派を支援すべき」(2015年12月1日)

ヨルダンのアブドゥッラー2世国王は『デイリー・テレグラフ』(12月1日付)に対して、ダーイシュ(イスラーム国)との戦いに関して「我々はハワーリジュ派という無法者と戦っていると述べてきたが…、こうしたテロリスト、無法者が世 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領がチェコのテレビ局のインタビューに応じる「シリア人難民の大多数は良いシリア人で、愛国的で、普通の人々だが、彼らのなかにテロリストは紛れ込んでいるのだ」(2015年12月1日)

アサド大統領はチェコのテレビ局の単独インタビューに応じた。 インタビューは英語で行われ、映像は大統領府がYoutube(https://youtu.be/XHsCn_q69LI)で、また英文、アラビア語訳文はSANA(h … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュ(イスラーム国)と共闘するヌスラ戦線がレバノン内務治安総軍隊員16人を釈放、レバノン当局は見返りとしてアブー・バクル・バグダーディー氏の元妻ら13人の収監者を釈放:ヒズブッラーのナスルッラー書記長とカタールのタミーム首長が仲介(2015年12月1日)

ベカーア県バアルベック郡の対シリア国境地帯でダーイシュ(イスラーム国)とともに活動を続けるアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線は、2014年8月2~3日のアルサール村襲撃によって拉致していた内務治安総軍の隊員1 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市シャイフ・マクスード地区、アフリーン市郊外でYPG(が主導するシリア民主軍)がアル=カーイダ系組織および「穏健な反体制派」と攻撃に応戦(2015年12月1日)

アレッポ県では、ARA News(12月1日付)によると、西クルディスタン移行期民政局が実効支配するアレッポ市シャイフ・アフマド地区に対するシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の置く劇で、子供1人が死 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がラタキア県北部の支配地域を拡大、アレッポ市北部でロシア軍と思われる戦闘機が水道処理施設を破壊(2015年12月1日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員が、アラーフィート村一帯で、シャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦、シリア軍側がアラーフ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍と思われる戦闘機がタドムル市一帯のダーイシュ支配地域を爆撃(2015年12月1日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がタドムル市一帯、カルヤタイン市などダーイシュ(イスラーム国)支配地域を空爆した。 ** ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国) … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヒムス市ワアル地区、ダマスカス郊外県ハーマ町一帯で反体制武装集団の退去などを骨子とする停戦合意が発効(2015年12月1日)

『ハヤート』(12月2日付)は、ヒムス市最後の戦闘地域であるワアル地区での停戦合意がシリア政府と反体制武装集団の代表との間で交わされた、と伝えた。 ヒムス県のタラール・バラーズィー県知事は、停戦合意について、AFP(12 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

オバマ米大統領、NATO事務総長、トルコ首脳はトルコ軍によるロシア軍戦闘機撃墜事件をめぐって緊張緩和に期待(2015年12月1日)

バラク・オマバ米大統領は、COP21に出席するために訪問中のフランスの首都パリで、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領らと相次いで会談した。 プーチン大統領との会談で、オ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ドイツのメルケル内閣はシリア領内でのフランスによるダーイシュ(イスラーム国)掃討作戦への軍事支援を承認(2015年12月1日)

ドイツのアンゲラ・メルケル内閣は、フランスによるシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)掃討作戦にドイツ連邦軍が軍事支援を行うことを承認した。 なお、ドイツ連邦軍のフォルカー・ビーカー統合幕僚長は『ビルト』(11月29日 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア政府は対トルコ経済制裁の内容を発表(2015年12月1日)

ロシア政府は、トルコ軍によるロシア軍戦闘機撃墜事件への報復としてヴラジミール・プーチン大統領が発令していた経済制裁の内容を発表した。 制裁の内容は、トルコからの主要な輸入農産品であるトマト、柑橘類、鶏肉などの輸入を201 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

カーター米国防長官はシリアへの米特殊部隊増派に前向きな発言(2015年12月1日)

アシュトン・カーター米国防長官は、米下院軍事委員会での公聴会で、ダーイシュ(イスラーム国)掃討のためシリア北部(アレッポ県アイン・アラブ市)に派遣している米特殊部隊50人弱について、「能力を活かす機会があると判断すれば、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする