日別アーカイブ: 2015年12月16日

米軍主導の有志連合はシリア国内で7回の爆撃を実施(2015年12月16日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月16日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は7回、ラッカ市近郊(3回)、フール町近郊(1回)、マ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍機がアレッポ県のダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市マンビジュ市一帯を爆撃し、住民約50人死亡(2015年12月16日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(12月16日付)によると、ロシア軍戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市を空爆し、住民8人が死亡、数十人が負傷した。 ロシア軍戦闘機はまた、マンビジュ市郊外のマ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がヌスラ戦線、トルコマン・イスラーム党との戦闘の末、トルコ国境に近いヌーバ山を完全制圧(2015年12月16日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、ヒズブッラー、国防隊などの民兵が、シャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦の末、ヌーバ山一帯を制圧した。 戦闘と並行 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍報道官「9~15日までの7日間でシリア軍機は193回出撃し、テロリストの拠点563カ所を破壊」(2015年12月16日)

シリア軍報道官は声明を出し、12月9日から15日までの7日間で、シリア軍機の出撃回数が193回に達し、ダマスカス郊外県、ヒムス県、ハマー県、イドリブ県、アレッポ県、ダイル・ザウル県、ラタキア県のテロリストの拠点563カ所 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ハサカ県カーミシュリー市で西クルディスタン移行期民政局アサーイシュがシリア軍、治安部隊、国防隊隊員21人を逮捕(2015年12月16日)

ハサカ県では、ARA News(12月16日付)によると、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュがカーミシュリー市でシリア軍兵士、治安部隊隊員、および国防隊隊員21人を逮捕した。 アサーイシュ総司令部が出した声明による … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア外務省報道官「ウィーンでの合意に従って、2016年1月1日にニューヨークでシリア政府と反体制派の交渉を開始する」(2015年12月16日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ウィーン・プロセスが定めているシリア政府と反体制派の統一代表団の和平交渉に関して、ニューヨークで2016年1月1日に開始されると発表した。 この発表は、ジョン・ケリー米国務長官とヴ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ドイツのメルケル首相「シリアの危機はアサド抜きでの長期的解決策が必要」:ドイツ軍がシリアでの爆撃作戦に初参加(2015年12月16日)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ドイツ連邦議会でシリア情勢に関して、「問題(シリアの危機を解決するための外交努力)はアサドなしにシリアの戦争を終わらせることに関わるものであり、アサドが長期的な解決策の一部分をなすことは … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織「ヌスラ戦線」の最高指導者ジャウラーニー氏と思われる顔写真がネット上で公開・拡散(2015年12月16日)

クッルナー・シュラカー(12月16日付)は、一部のメディアおよび活動家がインターネット上で、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線の最高指導者アブー・ムハンマド・ジャウラーニー氏の顔写真だとされる画像を公開、拡散 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

サウジアラビアの後援を受けるイスラーム軍は、リヤドでのシリア反体制派合同会合での決定の破棄を示唆(2015年12月16日)

イスラーム軍は声明を出し、リヤドでの反体制派の合同会合(8~10日)からの脱会とその成果の拒否を検討していると発表した。 サウジアラビアの後援を受ける同組織の司令評議会はツイッターで、撤退の理由に関して、「シリアのイスラ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする