日別アーカイブ: 2016年12月17日

オバマ米大統領「蛮行の一方的な責任はアサド政権、ロシア、イランにある」(2016年12月17日)

2017年1月20日に任期が終了するバラク・オバマ米大統領は年末の記者会見の場で、シリア情勢について言及し、アレッポ市東部からの反体制武装集団戦闘員とその家族の退去を監視するための「中立的な監視団」派遣を求める安保理決議 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア・イラン・トルコ外相が電話会談、ロシア・シリア・イラン外相とトルコMIT長官が電話会談(2016年12月17日)

ロシア外務省は、セルゲイ・ラヴロフ外務大臣が今月27日に予定されているロシア・イラン・トルコの三カ国外相会談に先立って、イランのモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣、トルコのトルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ヨルダン国内のシリア人難民キャンプで「部族軍」を狙った爆破事件が発生し、5人が死亡(2016年12月17日)

ARA News(12月17日付)によると、ヨルダン北東部のシリア国境に面するラクバーン地区に設営されたシリア人避難民キャンプ内にある人道支援配給センター近くで、爆弾が爆発し、5人が死亡、複数が負傷した。 ヒムス県東部で … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュがアレッポ県バーブ市で反転攻勢、トルコ軍兵士1人が死亡(2016年12月17日)

アナトリア通信(12月17日付)は、「ユーフラテスの盾」作戦を続行するハワール・キッリス作戦司令室を支援するトルコ軍の兵士が16日、アレッポ県におけるダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市バーブ市一帯での戦闘で重傷を負い、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はラッカ市北西部でダーイシュから5カ村を奪取(2016年12月17日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市北西部郊外で米主導の有志連合の航空支援を受けて、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 ARA News(12月 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は、シリア・ロシア軍を支援するかたちでタドムル市東部のスフナ市一帯でダーイシュ拠点を空爆、アミールを殺害(2016年12月17日)

ヒムス県では、ARA News(12月17日付)によると、米主導の有志連合は、シリア軍、ロシア軍を支援するかたちで県東部のスフナ市一帯を空爆し、ダーイシュの司令官(アミール)を殺害した。 また、シリア人権監視団によると、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス郊外県で元反体制武装集団戦闘員250人を含む600人以上が恩赦され放免に(2016年12月17日)

ダマスカス郊外県では、SANA(12月17日付)によると、各地で推進されている地元和解の一環として、ザーキヤ町、ダイルハビーヤ村出身の元反体制武装集団戦闘員250人を含む600人以上が、2016年立法第15号に従い、恩赦 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シリア軍はダマスカス郊外県、イドリブ県で反体制武装集団拠点への攻撃を続ける(2016年12月17日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、サウジアラビアの支援を受けるイスラーム軍の拠点都市であるドゥーマー市一帯を戦闘機(所属明示せず)が空爆、またマイダアーニー村一帯、ムハンマディーヤ農場一帯では、シリア軍、親 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イドリブ県タルマーニーン村のアル=カーイダ系シャーム・ファトフ戦線など4組織が完全統合(2016年12月17日)

イドリブ県では、タルマーニーン村で活動する反体制武装集団が共同声明を出し、完全統合したと発表した。 共同声明を出したのは、アル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、シリア・ムスリム同胞団系の … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アレッポ市東部からの戦闘員とその家族の退去が一時再開するが、イドリブ県の親政権民兵が回廊を閉鎖(2016年12月17日)

アレッポ県では、『ハヤート』(12月18日付)によると、16日に一時中断していたアレッポ市東部からの反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室、アレッポ軍)戦闘員とその家族の退去作業は17日に再開され、旅客バス9輌が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線などからなるファトフ軍支配下のイドリブ県フーア市、カファルヤー町の親政権民兵・住民の退去のため、アレッポ市東部から旅客バスが向かう(2016年12月17日)

シリア人権監視団は、アレッポ市東部からの反体制武装集団戦闘員とその家族を退去させるために用意されている旅客バス126輌のうち、29輌が、イドリブ県のフーア市、カファルヤー町に向かったと発表した。 同監視団によると、派遣さ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ市東部の戦闘員・家族の退去の一環として、反体制派、ロシア、イランはダマスカス郊外県の反体制派とイドリブ県の親政権派の避難を合意か(2016年12月17日)

アレッポ県では、『ハヤート』(12月18日付)などが、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室、アレッポ軍、ファトフ軍)が、ロシア、イランとの間で戦闘員およびその家族の退去をめぐる交渉を再開し、新たな合意に達したと … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする