日別アーカイブ: 2016年12月5日

ロシア・イランの外務副大臣が会談(2016年12月5日)

ロシアのミハエル・ボグダノフ外務副大臣はイランを訪問し、首都テヘランでホセイン・ジャーベリー・アンサーリー外務副大臣と会談、シリア情勢への対応について意見を交わした。 『ハヤート』(12月6日付)が伝えた。 AFP, D … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市の停戦を求める国連安保理決議案がロシア、中国の拒否権発動で廃案に(2016年12月5日)

国連安保理は、シリア情勢への対応を協議するための会合を開催した。 会合では、スペイン、エジプト、ニュージーランドが、アレッポ市での停戦を求める安保理決議案を提出したが、採決ではヴェネズエラが反対、アンゴラが棄権、またロシ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア海軍航空母艦アドミラル・クズネツォフ艦載機が着陸に失敗し墜落(2016年12月5日)

ロシア国防省は声明を出し、ロシア軍戦闘機(Su-33)1機が4日、地中海のシリア沖に展開している航空母艦アドミラル・クズネツォフへの着艦に失敗し、墜落したと発表した。 AFP, December 5, 2016、AP, … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス郊外県の行楽列車が5年ぶりに運行を再開(2016年12月5日)

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(12月5日付)によると、2011年以来運休となっていたラブワ地区・ハーマ町間の行楽列車が復旧し、運行を再開した。 AFP, December 5, 2016、AP, Dece … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ダーイシュは新報道官を任命(2016年12月5日)

ダーイシュ(イスラーム国)は、フルカーン広報制作機構を通じて、アブー・ハサン・ムハージル氏を報道官に新たに任命したと発表した。 ** ダイル・ザウル県では、ARA News(12月5日付)によると、ダーイシュ(イスラーム … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ファトフ軍支配下のイドリブ市、ビンニシュ市が空爆を受け、8人が死亡、医療センターが利用不能に(2016年12月5日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がイドリブ市各所を空爆し、女性1人、子供4人を含む8人が死亡した。 また、ARA News(12月5日付)によると、シリア軍がビンニシュ市を空爆し、市内の中 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国が支援するヌールッディーン・ザンキー運動、サウジアラビアが後援するイスラーム軍はアレッポ市東部からの退去を拒否(2016年12月5日)

アレッポ市南東部で籠城を続ける反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室所属組織)の一つで米国などの支援を受けるヌールッディーン・ザンキー運動のヤースィル・ユースフ政治局メンバーは、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)はシリア軍によって制圧されていたアレッポ市東部の複数の街区を奪還(2016年12月5日)

アレッポ県では、シリア人権監視団、ドゥラル・シャーミーヤ(12月5日付)、スマート・ニュース(12月5日付)によるとなどによると、アレッポ市南東部で籠城を続ける反体制武装集団(アレッポ・ファトフ作戦司令室)が、4日にシリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

反体制派がシリア政府支配下のアレッポ市西部に開設されていたロシアの移動式病院を砲撃、ロシア人医師2人を殺害(2016年12月5日)

アレッポ県では、ロシア防衛省のイゴール・コナシェンコフ報道官によると、アレッポ市南東部を支配下に置く反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)が、アレッポ市フルカーン地区にあるロシア軍の移動式病院を砲撃し、ロシア人 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は2~4日の3日間にシリア領内で22回の空爆を実施(2016年12月5日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月2~4日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 12月2日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して4回の空爆を実施、このうちシ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍とアレッポ・ファトフ軍作戦司令室の停戦交渉を仲介するトルコはアレッポ市東部での戦闘停止の見返りとしてバーブ市確保をめざす(2016年12月5日)

『ハヤート』(12月5日付、イブラーヒーム・ハミーディー記者)は、トルコの首都アンカラで行われているアレッポ市東部での戦闘停止に向けたロシア軍と反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室所属組織)の停戦交渉に関して、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする