ダーイシュ(イスラーム国)がタドムル市で住民400人を「虐殺」、アレッポ県でシリア軍ヘリコプターを撃墜か?(2015年5月24日)

SANA(5月24日付)は、UNESCO世界文化遺産のパルミラ遺跡を擁するヒムス県タドムル市内の信頼できる住民筋の話として、ダーイシュ(イスラーム国)が市内で、住民約400人を「虐殺」したと伝えた。

同消息筋によると、「虐殺」された住民のほとんどは子供、女性、老人で、タドムル国立病院看護課長(女性)など公務員数十人も犠牲になったという。

また同消息筋によると、ダーイシュは、タドムル市内に取り残された住民数千人に対して、市外への移動を禁止し、財産や食料を没収し、「タクフィール主義思想」を押しつけようとしているという。

これに関して、ワイール・ハルキー首相は声明を出し、ダーイシュによる「虐殺」の責任は「サウジアラビア、カタール、トルコ、一部西側諸国など、テロに対し資金・軍事援助を行う国」にあると非難した。

そのうえで、国際社会に対して「テロを支援する政府」に圧力をかけるよう呼びかけた。

またバアス党のシリア地域指導部も声明を出し、「国連安保理決議第2170号、第2178号に違反する…野蛮な虐殺」を非難した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、クワイリス航空基地を包囲するダーイシュ(イスラーム国)が早朝、飛行場上空でシリア軍のヘリコプター1機を地対空ミサイルで撃墜し、搭乗していた3人(大佐2人、軍曹1人)を殺害した。

これに関して、SANA(5月24日付)は、クワイリス航空基地を離陸したヘリコプターが操縦不能となり、墜落し、搭乗員(人数は不明)が死亡した、と報じた。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ウンム・シャルシューフ村一帯、ジャズル・ガス採掘所地帯で、シリア軍、国防隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ラアス・アイン市郊外で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦、有志連合が援護空爆を行った。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がマリーイーヤ村のダーイシュ(イスラーム国)拠点などを空爆した。

また、ARA News(5月24日付)によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるムーハサン市を「樽爆弾」で空爆した。

一方、シリア人権監視団によると、ダーイシュはマヤーディーン市で男性13人を処刑した。

また、クッルナー・シュラカー(5月24日付)は、シリア軍が数日前、ダイル・ザウル国立博物館の所蔵品を搬出したと伝えた。

搬出先は不明だという。

他方、SANA(5月24日付)によると、ダイル・ザウル航空基地一帯で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ一帯で、シリア軍、国防隊が、ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線と交戦した。

**

スワイダー県では、SANA(5月24日付)によると、カスル村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、有志連合が現地時間の23日8時から24日8時までの24時間で、シリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は11回におよび、ハサカ県、アレッポ県(アイン・アラブ市一帯)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, May 24, 2015、AP, May 24, 2015、ARA News, May 24, 2015、Champress, May 24, 2015、al-Hayat, May 25, 2015、Iraqi News, May 24, 2015、Kull-na Shuraka’, May 24, 2015、al-Mada Press, May 24, 2015、Naharnet, May 24, 2015、NNA, May 24, 2015、Reuters, May 24, 2015、SANA, May 24, 2015、UPI, May 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク