ヌスラ戦線「第30師団の兵士らが真理と正義に回帰することが、シャームの民のジハードにとってより有益」(2015年7月31日)

シャームの民のヌスラ戦線は声明を出し、30日にアレッポ県アアザーズ市郊外で、米軍の軍事教練を受けた「穏健な反体制派」の第30師団司令官ら8人を拉致したことに関して、「第30師団の兵士らが真理と正義に回帰することが、シャームの民のジハードにとってより有益であり、我々にとって好ましい」としたうえで、同師団戦闘員に対して「体制に対する戦闘の前線に戻り、お前たちの民、お前たちの目的を守るために戦い、奪われた者を救済し、宗教の旗を掲げよ」と呼びかけた。

ヌスラ戦線はまた、第30師団以外の反体制武装集団に対しても、「シャームの民のジハードと革命を略奪しようとする者との関係を絶ち…、シャームの民のジハードと土地を守るために前進し、それを奪おうとするヌサイリー派、外国のならず者、米国の手先に対抗する」よう呼びかけた。

一方、第30師団については、「米国の計画や国益を伸張するための手先」と断じたうえで、拉致直後に有志連合がアレッポ県アアザーズ市一帯のヌスラ戦線拠点などを空爆したことから、「第30師団と有志連合の間に協力・調整は明らかになった」と述べた。

Kull-na Shuraka', August 1, 2015

Kull-na Shuraka’, August 1, 2015

AFP, August 1, 2015、AP, August 1, 2015、ARA News, August 1, 2015、Champress, August 1, 2015、al-Hayat, August 2, 2015、Iraqi News, August 1, 2015、Kull-na Shuraka’, August 1, 2015、al-Mada Press, August 1, 2015、Naharnet, August 1, 2015、NNA, August 1, 2015、Reuters, August 1, 2015、SANA, August 1, 2015、UPI, August 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク