アレッポ県内で活動する複数の武装集団がアレッポ軍事評議会の活動休止を宣言(2015年7月31日)

アレッポ県内で活動する複数の武装集団は共同声明を出し、アレッポ軍事評議会の活動を休止すると発表した。

共同声明を発表したのは、シャーム戦線、第1連隊、ヌールッディーン・ザンキー運動、ムジャーヒディーン軍、サフワ旅団、アレッポ市旅団、「命じられるがまま進め」連合、ファトフ旅団。

声明において、武装集団は「新たな軍事評議会が発足するまで、アレッポ軍事評議会は国際会議、革命組織において、いかなる集団をも代表しない」としたうえで、武装集団に対して「(反体制派の)大会を準備するための委員会を設置し、革命組織を名乗るに値する人物の選定を行う」よう呼びかけた。

Kull-na Shuraka', August 3, 2015

Kull-na Shuraka’, August 3, 2015

AFP, August 3, 2015、AP, August 3, 2015、ARA News, August 3, 2015、Champress, August 3, 2015、al-Hayat, August 4, 2015、Iraqi News, August 3, 2015、Kull-na Shuraka’, August 3, 2015、al-Mada Press, August 3, 2015、Naharnet, August 3, 2015、NNA, August 3, 2015、Reuters, August 3, 2015、SANA, August 3, 2015、UPI, August 3, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク