クナイトラ県バアス市一帯でのシリア軍との戦闘でアル=カーイダ系のシャーム解放機構の司令官が死亡(2017年7月2日)

クナイトラ県では、クッルナー・シュラカー(7月2日付)によると、アル=カーイダ系組織のシャーム解放機構の司令官の一人ドゥライド・ナイーミー氏(アブー・ハマーム)がバアス市一帯でのシリア軍との戦闘で死亡した。

一方、SANA(7月2日付)によると、シャーム解放機構がハーン・アルナバ市を砲撃し、10人が負傷した。


AFP, July 2, 2017、AP, July 2, 2017、ARA News, July 2, 2017、Champress, July 2, 2017、al-Hayat, July 3, 2017、Kull-na Shuraka’, July 2, 2017、al-Mada Press, July 2, 2017、Naharnet, July 2, 2017、NNA, July 2, 2017、Reuters, July 2, 2017、SANA, July 2, 2017、UPI, July 2, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク