イラク人民動員隊代表団がドゥルーズ派の研究センターを訪問(2017年9月5日)

イラクの人民動員隊の一つヌジャバー運動の代表団が、ダマスカス郊外県ジャルマーナー市を訪問し、タウヒード(ドゥルーズ)研究調査センターのラビーア・ザフルッディーン所長と会談した。

クッルナー・シュラカー(9月5日付)によると、ヌジャバー運動の代表団は3月と5月にもシリアを訪問し、スワイダー県でドゥルーズ派のシャイフ・アクルと面談している。

Kull-na Shuraka’, September 5, 2017

AFP, September 5, 2017、AP, September 5, 2017、ARA News, September 5, 2017、Champress, September 5, 2017、al-Hayat, September 6, 2017、Kull-na Shuraka’, September 5, 2017、al-Mada Press, September 5, 2017、Naharnet, September 5, 2017、NNA, September 5, 2017、Reuters, September 5, 2017、SANA, September 5, 2017、UPI, September 5, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き パーマリンク