シャーム解放機構の外国人(サウジ人)幹部ムハイスィニー氏は反体制武装集団どうしの対立から「ムハージリーン(外国人)を保護」するよう呼びかける(2017年9月8日)

シャーム解放機構幹部メンバーの一人でサウジアラビア人説教師のアウドゥッラー・ムハイスィニー氏はテレグラムを通じて「ムハーリジーン(外国人戦闘員)同胞のための一ムハージルからの提言」と題して声明を出し、シリア国内の反体制武装集団どうしの対立や戦闘から「ムハージリーン」(外国人戦闘員)を遠ざけ、「ムハージリーンを保護」するよう呼びかけた。

AFP, September 8, 2017、AP, September 8, 2017、ARA News, September 8, 2017、Champress, September 8, 2017、al-Hayat, September 9, 2017、Kull-na Shuraka’, September 8, 2017、al-Mada Press, September 8, 2017、Naharnet, September 8, 2017、NNA, September 8, 2017、Reuters, September 8, 2017、SANA, September 8, 2017、UPI, September 8, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク